交通事故後の刑事事件の流れ

交通事故の加害者は刑事と民事の2つの責任を問われる

竹林のホタル不運にも交通事故が起きてしまった場合、加害者は刑事責任と民事責任の法律上の責任に問われることになります。
刑事責任とは法律を犯した者に対し国により懲罰が与えられる責任のことです。
民事責任とは個人と個人の争いごとの中で、損害賠償という名目でお金を支払う責任のことです。
交通事故の加害者の過失により事故が起きて、被害者が死傷した場合は「自動車運転致死傷罪」に問われて刑事事件となります。

捜査から裁判までの流れ

刑事事件の流れとしては、事故発生後にまず警察による捜査が行われます。
事故現場で当事者・目撃者から状況を聴取し、事故現場・車両の写真撮影をし、事故現場内で調書作成に必要な距離を測ったりして実況見分調書というものを作成します。
警察での捜査終了後、作成した書類一式を検察庁へ送付します。
これを「送検」といいます。
ここまでで早くても1ヶ月、重大事故の場合はおよそ半年かかります。

タイムスケジュールは数ヶ月スパンです

交通事故を起こしても不起訴となることがあります。
検察庁は警察から送検された書類に必要な補充捜査をし、起訴にするか不起訴にするかを決定します。
不起訴となる場合は、「不起訴裁定書」という書類を作成し、事故の刑事事件としては検察庁で終了となります。
起訴となる場合は正式な裁判をするか(公判請求)、罰金刑にするか(略式起訴)を担当となった検察官が決定します。

裁判手続きになると1年かかるのもざらです

正式な裁判となった場合は、その後裁判所に委ねられます。
検察庁に書類が送致されてから起訴、不起訴の決定が下るまでの期間は不起訴や罰金刑で処理するケースでおよそ2か月から3か月かかり、死亡事故などの重大な事故の場合は1年以上かかるケースもあります。
総括すると、不起訴や略式起訴になるケースでおよそ3か月、重大な交通事故で公判請求となる場合は2年以上の長期間に及ぶ場合も珍しくありません。