日本の刑事事件弁護士たちの活躍を追う

刑事事件で逮捕された後の流れと注意点

刑事事件に巻き込まれたらすぐに弁護士に連絡して下さい

和服美人と竹林自分自身や家族が逮捕されると、非常に大きな精神的負担がかかります。
また、動揺してしまうため、冷静な判断ができなくなってしまいます。
しかし、素早い判断が必要であるため、まずは落ち着いて刑事事件 弁護士に相談することが重要です。
刑事事件で逮捕された場合には、48時間以内に釈放するか検察官に送致する手続きが取られます。
この48時間以内に弁護士に相談することができれば、弁護士が刑事弁護をすることが可能です。
弁護士が刑事弁護をすることにより取り調べが慎重になるため、速やかに弁護士に相談しましょう。

拘留されている間にも手続きは進んでしまいます

検察官に送致された場合には、24時間以内に勾留請求手続きが取られることになります。
勾留請求をしない場合には釈放となります。
釈放は無実となるというわけではなく、自白している場合や証拠隠滅の恐れがないため、勾留する必要がないと判斷された場合に釈放されるのです。
そのため、否認している場合には、勾留されることになります。

釈放される上でも弁護士の役割は大きい

釈放されることにより、会社や学校、近隣に逮捕されたことが知られる可能性が低くなります。
勾留されると無断欠勤となる可能性が高く、社会復帰が難しい面があります。
弁護士に相談することにより、詳細な説明を受けることができるほか、最適な方法のアドバイスを聞くことができます。
勾留された場合には10日間留置所にいなければならないほか、10日以内に勾留期間の延長請求がされた場合には、さらに10日間勾留されることになります。
最大20日間の間に検察官は起訴するかどうかを判断し、起訴をしない場合には釈放となります。
この20日間で起訴不起訴が決定するため、弁護士に相談することでその後の人生が大きく変わります。
被害者がいる場合には、相手への謝罪と示談により起訴猶予処分とすることも可能です。
起訴猶予処分では不起訴となるため、前科がつくことはありません。

最新の事件記事